696キキキキ

696クロウサが綴る 696の世界

vol,436 結局、誰かを。。

雪中のコンビニ駐車場脇テント内でおでんを温めながら

焼いたソーセージを食いながら激しい風にはためく音を聴いている マゾw

ラジオからはロシア語が流れ イヤホンには終物語のコメンタリー

扇ちゃんとバサネェの丁々発止にクスッと笑って。。

 

と いう夢を見た 機嫌の良い朝です☆ (共感してくれた人ゼロ!やろねww)

 

2階の老人です

截拳道のアレです

バイクのシート張り替え作業完了。。で 右手が死にました

ヒロシです みたいですねw まぁ そうなんですけどね。

 

というか

というより

といいつつも

いつも このブログの冒頭 導入部分が酷いですよね

文学を嗜まない人には全く理解できない抽象的表現の極みですね

幾重にも隠され仕込まれた伏線は。。

やめましょう(;'∀') こんな上から目線ボケw ただの偉そうなヤツとしか思われないし

そもそも文学なんて嘘のド塊を楽しむモンで何にも高尚でないし

ちがうちがう! ただのオフザケですよ! ツンデレです!(;・∀・)

わ~ッ 墓穴から抜けられなくなってきたので逃げますねε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

f:id:ground696:20170827084801j:plain

むか~し昔 作ったpunkな木の棚 気の棚ともいえるし 期の棚でもあるかな。。

 

今はもう在りません

脇のキーボードも懐かしい

この頃は 

まるで見通しの無い毎日で 必死に自分を鼓舞して出来る事手当たり次第にやったなw

 

それから7年経て でも 気付けばまた違う分厚い霧の中で暗中模索 暗中飛躍

そこは五里霧中やろーが by ピンウサ

たぶん これからもずっとそうなんでしょうねぇww 

 

面白いな お店やるって(*´∀`*)

 

 

雪の中の夢を見るのは 若干のストレスかもしれないけれど

白銀の世界もあるし 横殴りの吹雪だってテンション上げれば爆笑のネタやし

おでんは美味しいし 焦げたソーセージだって最高のつまみになるんだから

やっぱ バカバカしいことしておきたいです

お店の経営なんて ほんと バカでないと楽しめませんよね 違うかなぁ?w

 

何をやったって 誰のものでもない自分の時間なんだから

嬉しくなる様な 楽しくなる様なこと 

もしかしたら 宇宙で1~2人くらいは。。

 

 

 

 

 

あでぃおす