696キキキキ

696クロウサが綴る 696の世界

第 14 か もん

おはようございま ロドリゲスで

只 、ホーチミンで朝ご飯を食しておりま 。

ベトナムに参りまし 、ほぼ3食フォーを食べておりま 。

ブンやバンカンもアレだけ 、フォーに参っておるので 。

 

末尾の一文字を無くすと面白いかな なんて思いましたが全然そーでもないですね。

す す 今 す て す ど す

 

日本は寒いでしょうね 今日のこの町は30℃まで上がる予報ですよ。

いつか美容師が ポンコツバイクで旅したい と申しておりましたが、この季節は雨も少なくて好いかもしれませんね。

 

さて、

地球では希少で不人気な、或る超能力の素を補充する為に一旦宇宙に出張した我々ですが、(この時の冒険譚はまた… でも、バトルばかりでそんなに面白い旅ではなかったから、お蔵入りの可能性大中小)青い地球に戻って来て、また 嘘や真実の塵芥を採集するお散歩の日々で荷物も増えたので、昨日、この街に着くなり、誰かに似てるおじさんが売っていた薄汚れたカバンと紐を、お金も無いのに買っちゃいました。

おじさんの隣の店のホットドッグが超美味しくてテンション上がってしまったのが浪費の原因です。因みにホットドッグはデザート代わりです。

 

カバンと紐で2万ドンでしたので、100円玉とホットドッグを気前よく渡しました。

どーーーん!と。

わたしの勢いを受け取ったおじさんは、困った顔を更に困らせましたが、ホットドッグを一気食いしてサムズアップです。

困った顔というのは、どんな困惑の種類別に於いても、みんな似てるものですが、そんな迷いを吹き飛ばす美味しさのホットドッグだったのですね。

 

 

 

わたし共3名、アチコチ旅を続けていますが、きれいな服と短い挨拶はどこの都会でも充分に並べられて賑やかで良きに計らえです。

システムの中に居て、そこそこ頑張ってて、それなりの心構えがあれば地球人はもう全く大丈夫ですね。どうもこんにちはアイロニカルシロクマです。

このまま、これまで通り何も変わらずで大丈夫です。全く、自然に、絶滅して、消滅。

 

 

さて、

心構えとはなんぞや?その答えならぬ陽気さを拡散する悪の宗教流布が手前の旅の本望です 本当です。こういう事はしっかり宣言しておかなければなりませんが、是非 聞き流して忘れていつか思い出してください。

 

 

現在、様々なものがしっかり準備されているハズの先進的な都会に居ますが、しかし、駆け寄って来る子供一人いませんね。わたしは白くてカワイイクマのぬいぐるみなのに…。

たまに にこにこした人たちが手を振ってくれますが、

そのほとんどは優しい幽霊さん方だけです。

既に憂いの無い世界の住人の筈ですが… 憂いが無いのに有憂いとはこれ如何に。

 

そういえば、先日 出会った某国財閥の御曹司さんも優しくて面白い人でしたよ。

出会ったというか 偶然を装って会いに行ったのですが、

その後、日本に留学した様なので、きっとクロウサ達とも ”偶然” 出会い、”奇遇に” 楽しい事思いつけたのではないかと危惧…いや、安堵 出来ると確信して祈って放置しています。

 

 

 

無事に、ホーチミン(通称サイゴン)での仕事を終え、ホテルの部屋で荷物を片づけています 汗だくです。

そろそろ出発しようと思います。お迎えジェットヘリの時間が近づいてます。

出かけてた三郎と伊藤も戻って来ました。

 

昨日買ったカバンには貴重品を入れようと思います。

ボロいカバンは私共の醸し出すセレブ感のカモフラージュになるのです。なるかー!そもそもセレブ感なんかゼロじゃー!

わたしこと白クマが(セレブ)という言葉に触れたのは、村上龍の愛と幻想のファシズムに出て来る『セレブリティビル』が最初でした。

…ところで、バッグと呼ぶのと カバンと呼ぶのでは何が違うのでしょうか?

その答えに意味はナシです。 

ベトナムにもナシは有ります。

ナシゴレンは美味いのでご注意くださいね。

 

 

 

バッグ もとい、カバンの底に、何やら文字が書いてありますよ。

「ごめんなさい」

 ほぉ…。

紐の両端にも… 小さな星マーク

 ふむ…。

色んな飾りと 何かの跡、クロウサに問い合わせている余裕は無いと見た。ここでの仕事もサイゴンではなかった、という事か。 

 

あのおじさんも…。

 

と いうことで、

この街でもう一人、超能力荷物を渡す相手を見つけたので、さっきから「セフレセフレ」うるさい伊藤と相変わらずニヒルな三郎にお願いしたら、アッという間に仕事して来てくれました。

 

「チュートイズイイムラン(おじさんは黙って手を差し出した)」と、三郎の流暢で早口なベトナム語が聞こえたから、もう 放置ミンして大丈夫。

 

 

詳しい説明はしませんが、要するに大勢の優しさが無差別な爆風で消されずに済んだという事です。

おじさんが身体に巻き付けていた大根は不活性処理したのち解体し 処理完了。

 

「後悔は未遂で処分したので出かけましょう出してかけましょう」と言うのは、この旅を始めてからはエロフレーズの減ったエンジニア伊藤でした。今日、久々エロったのは、ミッションコンプリートで、きっと上機嫌だからなのでしょう。

ちなみに、ベトナム語で大根はコーカイと発音するのです。

大根が何なのかは、あなたの豊かな想像力で爆発させてください。後悔のなき様…

 

 

かつて激戦の悲劇に苦しんだこの国に、現在 テロはみられません。

『悲劇から学んだ』のでしょうね。 

町を歩けば そこかしこに出会う子供達の笑顔が溢れています。

出来れば このまま、

『学んだことを忘れない』でいて欲しいものですね。

大根、先に立たず なのだから。

 

 

 

改めて、出発です 。

荷物は沢山ありますが、空気の様に軽いものなので平気です。

でも 自分の足音が少し変わってきているのが分かります。

何にせよ、変えられるというのは なんだか嬉しいものですねぇ

なかなか変えられないことばかりですからね。 

でも その気になれば悲劇のバックドロップも止められる

その気になれば 猪木になれる 猪木といえばブラジルサンパウロでした…。

元気があれば! なんでも食える! ワン ツー スリー フォーチミン…。

ベトナムといえばフォーですが 生春巻きも美味いんですよ。

 

 

 

  

只今、伊藤が凄腕で或る衛星とアレするパラボラアンテナの角度を設定し、日本のクロウサとアンテナ指向性を利用した暗号送信方法で得た最新の白エニグマ解析に寄りますと…

かの御曹司さんは、早くも動き出した様ですよ。 その話は、いずれ また。 

 

 

 

さてさて、

危険に明るく穏やかで冷たいこの世界も、

誰かの思いや、単なる ”巡り合わせ” で、少しずつ変わり始めるかもしれませんねぇ。

 

では、みなさん、

元気に 内気に、”いつか” 何処かでお会い致しましょう。

 

 

 

 

 

しん か むん